視察:NPO法人コーナス

NPO法人コーナス/アトリエコーナスの理念
「障害者にも未来がある、もっと夢のある活動を!」 全ての人を包み支え合う社会的包摂「ソーシャルインクルージョン」を叶える。

引用サイト:https://corners-net.com/

 

初秋10月。地域に根づいたアート活動を展開する事業所、NPO法人コーナスさんを訪問いたしました。ホームページは英訳され、海外への出品やむしろ海外からの評価が目立つと感じられた、日常を大切にしているコーナスさんの造形場面を見学、理事長の白岩 高子さんより活動状況についてお話を伺いました。

 

重度障がい者の娘をもつ一人の親として
NPO法人コーナスは、保育士で、障がい児を持つ親の立場でもある白岩さんが、保育士仲間同士で立ち上げ、社会福祉施策にのりながら丁寧に展開してきた事業所です。生活介護施設の立ち上げ当初は、傘釘の組み立て作業を行っていましたが、よかれと思ってしてきたこの内職作業に対し、疑問が生じたことが転機となりました。きっかけは他施設の利用者が描いた絵画作品を目にしたことでした。

 

ひとり一人が自己を自由に表現するアート活動へ
本来の個性、感性が発揮できる活動を。新たにアート事業をスタートさせ、展開していく内に、求められる活動の大変さに「居場所があるだけでいいじゃない、そこまで求めなくても」と仲間の理解が得られない時期もありました。内職では本来の良さがつぶされるという白岩さんの主張は、アート事業を継続することで徐々に認められていきました。いまでは協力体制を築くことができています。

 

障がい者が社会を支える“隅の頭石(CORNERS STONE)”になる
コーナスという名前は、新しい家を作る時の基礎の石になったという聖書の言葉“CORNERS STONE”に由来しています。そしてコーナスさんの活動の基礎は、日々の暮らしの中にあります。その想いは当初より広く強く、アート作品の国内外からの招聘展示機会(神奈川県川崎市の岡本太郎美術館への出品やフランスからのオファー等)が増えている現在でも、日常を大切にしたいという想いに変わりはありません。

 

創るだけでなく、作品をアーカイブする、守る。
コーナスさんは活動の中でうまれたすべての作品を保管しており、アトリエの2階部分をすべて使って、温度・湿度管理にコストをかけた現物保管とパソコンでのデジタルアーカイブという二重の管理体制をとっています。海外からも対応できるように英語表記も使命としてきました。展示する、しない、の線引きでなく生まれた作品すべてが大切なのです。

 

好きな画材、色、絵筆で、好きなものを描き表現する
コーナスさんにはアート系の職員もいますが、すべての創作に関してよいと思われるところで止めたり、口をはさむような介入をすることはありません。

他者からの高評価はありたがいですが、所長としてはとりくみを継続することに対して評価をするのみで、作品の良しあしは一切問わない、関わりが最も大事と思っている――白岩さんの考え方です。

 

誰もが暮らしやすく地域の人すべてを包み込む社会の実現
保育士経験、またのちにご挨拶させていただいた娘さんら重度障がい児の子育て経験を軸に、とくに障がい者の生涯は経験と環境により左右されるとの想いに基づいて、コーナスさんは日々活動されています。

2016年。学校と仕事(社会)との間で起こる、ひきこもりの機会をなるべく減らしたいと、特別支援学校等の卒後から利用できるように「アートの学校」として自立訓練事業所Art-Laboxを新たに開設しました。通う期間は2年間。その中で出来ることを模索し、年度ごとにカリキュラムを更新しています。

ギャラリーや自立訓練事業所を建てるにあたって参考にしたのは沖縄県北谷町にある、就労支援・自立訓練事業所アソシアさんでした。沖縄から遠く大阪に来て、沖縄の事業所に行き当たる――運命的なつながりを感じました。

 

すべてを受け入れ、大切な人たちと笑顔と共に歩む
アトリエコーナスはひとの集う雰囲気がありながら、死角や個々に過ごせる隠れ場所が多く確保され、大阪らしい“空気感”を感じることができる住宅街の一角にありました。

実際、大阪府が推進する、大阪のまちの魅力を内外に発信するプロジェクト“大阪ミュージアム”にも登録されており、とても風情のある建物でした。

利用者さんは、良い意味で人に慣れているアットホームな印象で、写真を撮る際も一同に集まってくれました。医療とアートを考える会が目指す、精神科内での造形と展開、また会の継続についても関心をもってくださり、時間ギリギリまで話し尽きず、皆さん総出で見送ってくださる視察となりました。

 

視察:常清 美雪

編集:津波古 祥太

投稿を作成しました 1

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る