【もうひとつの美術館】

行ってきました!
明治・大正時代に建てられた旧校舎を
美術館として開館したとの事。
味があって、暖かい雰囲気でした

始めに
作品番号・作品名・作者名・大きさ・画材・制作年
の表示された紙を受け取りました。

 

〝たべもの、いきるための〟
皆おなじ、食べ物 主軸の作品が並んでいましたが、それぞれ個性があって、
視点が異なってて、画材も全く違う、表現が様々でした。💭

展示方法としては、
作品と作品番号が展示されており。
「これはサンドイッチかな」等
予想してから受け取った紙で作品名を見て、
「大根だったー!これが葉っぱか、ナルホド!」という形で、
作品を2回 違った視点で見れて、楽しかったです😋🙏

 

そんな作品を見た後に 作者紹介を見る事もワクワクで、楽しめました。

 

本館にはギャラリーとグッズも置いてあり、
先週行った やまなみ工房さんのグッズをみて
「マサミ地蔵だ〜」と嬉しくなったり☺️

 

先程見た作品のグッズ版も置いてあり、
「クリアファイルにすると こうなるのか!」
と胸が踊ったり。

東京から田舎へ。
そんな館長さんは穏やかな方でした🦋.

文責)真栄城 奈央

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る