ZOOM①SW/AC様

【 SW/AC [ social work/Art Conference ]
エスダブリュエィすぃーについて伺う会】忘備録①
 SW/ACは、もともと、京都東山の空き家とアーティストの共存繁栄のためのHAPS内に発足して半年、ネットワークをつくり、いかし、あらゆる垣根を緩やかに溶かし?ながらアートのチカラを軸に伴走していただける相談庵。
 当初想定した、技術やイベント運営のアドバイスやマッチングなどだけでなく、ぐっと深め、困りごとや想い、抱えるそれぞれの背景を聞いて、むしろその背景ごと応援していく、という働きが多くなっているとのこと。そのバックボーンは、普通に周囲にいらしたsocial workerの動きにあるとのこと。
 なるほど、ううむ。素晴らしい。羨ましい。とみんなで言葉なくす場面もありつつ、わたし的超意訳ですが、
 なにを意図してどんなことを求めてどう組み立てるか、という、”気がつきにくい湧き出るもの”に焦点をあて、ことばに表して考えることに沿うことで、一過性でない実りを期待できる=土壌を耕しアートの芽を丁寧に育てていらっしゃると感じました。
 これは、まさにアートsocialなワークで、知らず知らず、警戒も遠慮も気遅れも感じさせずに相手にワクワク喋らせる、ほんとに素晴らしいお二人の存在を思いました。
 ううむ羨ましい。京都です。
文化芸術の拠、礎と自負される京都市の予算にて、
しかし全国の先駆を意識して運営されているので、
どこからでも相談可、かつ無料です。←コレ大事
 相談しよう そうしよう
どうぞどうぞと言っていただきました
(お読みいただいてる方、どうぞどうぞ、えへ)
 事業としてお世話になっている沖縄アーツカウンシル、ぽー(プログラムおひさーofficer?)さまのお立ち合いと解説による驚きの客観視もあり、お話を伺いながら、また、当方らの発言やここ最近たどり着いた見解とかぶる、いくつも、いくつものキーワードが溢れています!     
投稿を作成しました 1

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る