取材⇔コメント力

沖縄タイムスさんに掲載いただきました
…めちゃ、勉強になりました…
コメント力を鍛えねばと、いうこと。
わたしたちが医療から発信すると
当然、”患者さんの…”と形容されるそれは着眼を容易に定めてしまう こと。
支援者として
影の立場をとりやすい医療従事という普段、から
意識して抽出する主体言語 がキャプションになる んだ
それは 作品を「彩る」のではなく
「作品として成立させる」もの…
そんな薄い主体同士で、コラボレーションを軸に
と提唱するには
共創するわたしたちが表現する必要があって
そこでようやく主観となる の か
わかっていたようで 実感とは遠かったのかも
なんて
いろんなこと 考えたぞなあ…
日々是精進。
投稿を作成しました 1

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る