GALLERY

その方との時間を過ごしながらうまれる作品は、お互いの意義を引き出し、

安心した「コラボレーション」が増えてきました。

リハビリテーションで生まれる作品そのものが本人の生き方として新たな所属の場を持ち

実際に常設展示できたり(ギャラリー)や事務局機能(ネットワーク)のある拠点がつくりたい・・・

そんな場で交流を拡げながら、具体的な課題と向き合う社会進出の機会としたい・・・

・・・これからです

ここで作品を紹介するための手続きを学んでいきます

作品一覧

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る